htnki’s diary

たまには叫びたい事もあるさ

野球界は本当に将来を考えているか

 

少年野球の人口減少は本当にやばいからそろそろ本腰入れたほうがいいと思うんだけど、あんまり業界全体としては動かないなー。と思ってる。

 

少年野球をスポ少主体からクラブチーム化することによって、

スイミングには通わせるけど野球は敬遠するとかいう親には結構効果あると思うんだよね。

習い事の一環として野球が選択肢に入るだけで可能性が広がる。

 

この前youtubeで少年野球のお母さんにインタビューする動画見たけど、あれはお母さん達に逆効果かもしれない。

動画の中で

「全然楽ですよ。子供の様子も見れて楽しいです。たまにお茶の補充するくらい」

みたいなことを言っていた。

あのお母さんが悪いわけじゃない。

ただ少年野球を渋る親の理由の本質がそこにあるのを伝えたい。

だってお茶を補充してもらってる時点で、気を使わないわけにはいかないのだ。

「我が家も行かないわけにはいかない」という心理が働く。

どんなに本人が気にしていなくても、「いつもごめんねー」では済まなくなり、それが習慣になり、毎週行かなくてはいけなくなり、結局お茶当番というやつが生まれる悪循環。

母親は一切手出し禁止くらいに宣伝しないときつい。

 

クラブチーム化する上でもう一つ大きな問題があって、監督コーチその他もろもろが必要になるってこと。

今はパパさんたちが監督コーチとして頑張っているけれど、ちょっと、いやかなり、問題あるね、コレ。

まじで、指導方法やばいよ。

怒鳴るとか平気であるからね。

実際我が子のチームでも問題になったけど、ほかのチームでもきっとあるんじゃないかな。

コーチが怖くて野球をやめた子を知ってるし。

 

うーん。怒鳴って上達するなら、その指導方法もありなんだけどな。

スポーツは感覚やセンスも大切だと思うけど、

子供の体格、性格、発達などの理論も絶対に大切だ。

本当はそういうのを学んだ上でコーチをしてほしい。

 

実はそういった野球だけじゃなく、理論なんかも知っているだろう人達を知っている。

 

そう、元プロ野球選手たちだ。

彼らは、確実にそこら辺のパパさんたちより知識や技術があるはずだ。

そういった人たちが地元のスクールにいてくれたらと思うのに、

プロ野球選手がコーチをしてくれている、地元の野球チームはゼロだ。

 

プロたちは引退後どこへ行ってしまったのだろう。。。

我が子をプロ野球選手にすることに必死なのだろうか。。。

まぁ、各自事情があると思うので強く言えないが、

まったく日本に帰ってこず、日本野球界に恩返しもしない松井なんかもいるのを見て、愚痴の1つも言いたくなる。

 

大体、プロ野球自体が協力的じゃないと思う。

だって巡業とかあんまりしないし。

なんで巡業ってなんでやらないんですかね。

もちろん、興行収入的にいって大都市のほうが儲かるのはわかるんですが、このサイトの

blog.rcn.or.jp

 

都道府県別の中学生・男子生徒総数に占める軟式野球の競技人口の割合を見てくださいよ。

地方のほうが野球やってる子供の割合多いのよ。

年に一度、下手したら割合上位の都道府県にいったこともない球団とかあるだろ。

 

プロ野球見させてあげたいのよ。

うちの子本当に野球好きだし。

見させてあげなよ。

夢を与えようぜ。エンターテイナーだろうよ。

 

ま、相撲の巡業は結構くるし、しかもチケットは取れないくらい人気なので、こういうところでやっぱ比較しちゃうな。

 

まぁ利益先行なるのも仕方がないけれど、そろそろ営業に回って知名度を上げていかないと、地上波から消え、そのうちBSからも消え、記憶からも消えるよ?(笑)

本当ねー。野球に関しては言いたいことがいっぱいある。

甲子園出場校の補欠問題とか、県代表校総傭兵化とか。

野球愛のある皆さん頑張って~。