htnki’s diary

たまには叫びたい事もあるさ

地上の星は何処へ

先日NHKで平成の紅白歌合戦のハイライト的な番組をやっていた。

子供と見ていたので、この歌手はこんな歌も歌ってる、とか、この時代はこんなことがあった。とちょいちょい注釈を加えながら見ていた。

その中で中島みゆき地上の星が流れた。

「この歌を聞いたらエンジニア達は涙が出るんだぞ」

と言ったがそれと同時に『今後日本でエンジニアが活躍できる場所はなくなるかもなぁ』と独り言を呟いてしまっていた。

 

電気メーカーや自動車メーカーが人員削減を進め、半導体日の丸飛行隊は墜落し、電気メーカー各社の希望とばかりに創設したジャパンディスプレイが売りに出されている今日、果たして日本のものづくりに未来は見えるだろうか。

 

ものづくりで儲ける事が難しくなってきているのが伺える。

今儲けているのはお金を回している人間だ。

z〇z〇のあの人とか逮捕されてしまったがゴーンさんとかだ。

あの人たちは決して自ら何かを生み出してはいない。

エンジニア達が産み出したお金という玩具で錬金術を使ってお金を得ているだけなのである。

 

そしてサラリーマンのエンジニア達には相応のお金は回ってきていない。

常にコストダウンを要求されリストラに怯えながら、いや、脅されながら低い賃金で働かされていると感じる。

 

実際、技術力は中国に抜かされているし、有能なエンジニアの流出が起こっていると噂に聞く。

 

私はこの現状が非常に悔しい。

もう少しエンジニア、もっというと現場のサラリーマン達に恩恵があっても良いのではないか。

 

日本人は手先が起用で根気強く元々頭のいい種族だ。

だからメイド・イン・ジャパンが生み出されたし、長い歴史を見てみても、欧米に戦争で勝つ事もあったのだ。

 

私の今見ている日本は何かおかしい方向に進んでいる。

お金儲けに罪悪感を感じる日本人が、ユダヤ人や華僑を産み出した中国人と金融戦争や貿易戦争で勝てる訳がないのだ。

なのにグローバル化と叫び世界と戦い、競争に敗れ、お金の扱いの上手い人間に上澄みを持っていかれる。

 

だから日本はもっとコンパクトに、より閉鎖的になるべきなのだ。

地域で使うものは地域で作り、さらに日本で使うものは日本で作る。

そのためには東京の一極集中を改善しなければならない。

日本の物はほぼ地方で作られている。

地方が力をつけねば、お金しか集まらない東京など、世界とのお金の戦争ですぐに終わってしまうのが何故わからないんだろうか。

 

イギリスのEU離脱なんていい例だ。

もし世界で勝負するなら日本人を日本以外のアジア人並の賃金にするしかなくなるのだけれども、今の日本の支配層は日本人をそうしようとしているんだと思う。

移民政策もその一環だろうと近頃思うようになってきた。

 

子供には『日本は将来潰れるかもしれないから中国に行く用意をするように』と言っている。

 

私は決して左派びいきでも中国びいきでも無いが、日本人の特色を活かしつつ、エンジニアとして生活するためには中国あたりが次の重要国になるのではと見ている(今実際そうだろう)。

 

もうすぐ日本人にとって冬の時代が来るとひしひしと感じる主婦の独り言である。