htnki’s diary

たまには叫びたい事もあるさ

ネット上の評価はうんこ

自慢じゃないけど、ネット上の評価はうんこだと思ってる。

※私の場合のネット上とはネットワークゲームの中の話である。

 

これには2つの意味がある。

 

①ネット上の自分という人間に対する評価はうんこ並みである

 

②ネット上の他人に対する評価は自分にとってはうんこ程度の価値である。同じく自分に対する評価の価値もうんこ程度である。

 

ということだ。

 

MMOなんかをやってると、ネット上の評価が気になって気になってしょうがなくなってくる。

 

けれども、『ネットでネトゲ仲間に何言われようと何も困らないんだった』ということにある時気付いた。

別に社会的地位も脅かされないし、経済活動にも影響を及ぼさない。

ネット上の評価はネット上でしか通用しない。

非常にシンプルだ。

 

逆も然りで、ネット上の評価をいくら上げようと、社会的にも経済的にも何もメリットはない。

まぁ、多少はあるかもしれないけど微々たる物だ。

 

その微々たるメリットの為に、ネット上の人間に過度に気を使うのに嫌気がさし、良い人であることを辞めた。

 

好きなときに好きなゲームをして、その時一緒に遊べる人がいたら遊ぶ。

 

これを信条としたらリアルが見えてきた。

ネトゲが楽になったし、私の中でネトゲ自体の価値も下がった。

 

さて、言いたかったことの本題だ。

たまにツイッターで悪態ばかりうざい言われるけど、言うやつ頭おかしいと思う。

 

私には好きにネットを使う権利があるのだ。

 

ネット上の評価には価値が無いと気づいたら誰かのためにツイートをする事が馬鹿らしくなったのだ。

 

『私はうんこ並の評価でいいからミュートして』

これが私の今の気分だ。